歯を白くするための予算

歯を白くするための予算

このページでは、歯を白くするための予算について考えてみたいと思います。

 

簡単に言うと値段がかかる順に、

 

  1. オフィスホワイトニング(歯科医院でのホワイトニング)  3〜5万円
  2. デュアルホワイトニング(歯科医院と自宅でのホワイトニングの併用)  ※値段はオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの中間くらい
  3. ホームホワイトニング(自宅でのホワイトニング:薬剤とマウスピースは歯科医院の処方)  2〜4万円
  4. 市販のホワイトニング歯磨き剤、ホワイトニングキットなど  数千円程度

 

になります。

 

高いほうがホワイトニング効果がある?

 

効果のほどは値段が高い順かというとはっきりそうは言えないところもあります。

 

オフィスホワイトニングは即効性があります。

 

ですから、例えば1週間後の結婚式までに歯を白くしたい!という希望が叶います。

 

しかし持続期間は6ヶ月程度です。

 

一方、ホームホワイトニングは、白くなるまでに時間がかかるものの、持続期間は1〜2年です。

 

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも「自由診療」ですので、値段は様々です。

 

使用する機器、方式などによっても値段が異なります。

 

ホワイトニング専門の歯科医院のほうがより安い料金で歯を白くすることができます。

 

またクーポン共同購入サイトなどを使うと格安にホワイトニングができるようにしている歯科医院もあります。

 

ホワイトニングは「一回きり」ということはできませんので定期的に通う必要があります。

 

最初は利用客を呼ぶために格安でホワイトニングを提供しても、その後、定期的に通うと費用が高額になってしまうというケースが多いようですので、トータル的なコスト計算をしたほうが良いでしょう。

 

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも最初は診察料がかかります。

 

虫歯や歯周病がある場合は治療してからホワイトニングを行うことを勧められます。

 

市販品は効果あり?

 

市販のホワイトニング歯磨き剤、ホワイトニングキットはどうでしょうか。

 

市販のホワイトニング歯磨き剤には歯を白くする成分、つまり過酸化水素、過酸化尿素は入っていません。

 

それらを歯磨き粉に混ぜるのは薬事法に違反するためです。

 

市販のホワイトニング歯磨き剤には、歯の着色汚れを落としてステインの付着を防ぐ成分、歯の表面の傷を修復して滑らかにし、着色をつきにくくする効果のある物質が使われています。

 

ですから、自分の元の歯の色以上に白くすることはできません。

 

最近では様々な製品の個人輸入がしやすくなっています。

 

歯の審美大国アメリカでは歯科医院に通わずとも自宅で歯を白くできるキットやホワイトニングテープなどが販売されており、それらを使えばある程度のホワイトニングを安価に行うことも可能です(自己責任で行ってください)。

 

市販のホワイトニング歯磨き剤は、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングと併用して使えばホワイトニング効果はより高まります。

本格的なホワイトニングと組み合わせて使えるホワイトニング歯磨き粉ランキング!!