歯医者さんで行う歯周病治療

歯医者さんで行う歯周病治療

ここでは、歯医者さんで行う歯周病治療について詳しく見ていきます。

 

必ずしも歯周病ではなくても、歯石はどうしても付いてしまいますので歯周病の予防としてのPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を含んだ話をします。

 

歯石をしっかり除去できる

 

歯石は、スケーリングとルートプレーニングで除去していきます。

 

スケーリングとはスケーラーという先がフック状の器具で歯石を粉々に分解することです。
スケーラーには通常のものと超音波スケーラーがあります。超音波スケーラーは超音波の微振動でより効果的に歯石の除去ができます。

 

ルートプレーニングも使う器具はスケーラーです。スケーリングは主に歯石を取ることですが、ルートプレーニングは歯の根元深くの歯石や感染した歯質を取り除き、歯を平らにすることです。
歯の根元に凹凸があると細菌感染しやすくなります。
歯周病患者にはこのルートプレーニングがとても大切です。

 

深い歯周ポケットでも歯医者だから対応できる

 

もし歯周病が進んで歯周ポケットが深くなってしまったらどんな処置があるのでしょうか。
歯周ポケットが深い場合、歯石を通常の方法で取り除くのは難しくなります。
それで「フラップ手術」といって歯肉を切開して剥離し、プラークや歯石を取り除く方法です。取り除いた後、歯肉を戻して縫合します。

 

このとき「エムドゲイン療法」で歯周組織を再生する方法があります。
これは若い豚の歯胚から抽出した薬で行います。保険は効きませんので費用が5万円ほどかかります。

 

また「3DS」という方法もあります。
これは自分用のマウスピースに薬剤を注入し5分間装着します。薬剤によって歯周病原因菌を殺菌します。歯周病による口臭の改善にも効果的です。

 

「パーフェクトぺリオ」(次亜塩素酸電解水)で口をゆすぐ方法も歯周病には効果的です。

 

歯周病を退治するのに内服薬が用いられることもあります。
ジスロマック(アジスロマイシン)は1日1回2錠、3日間服用する抗生物質です。強い抗菌作用があり、歯周病にも効果的です。

 

ファンギゾンシロップ(アムホテリシンBシロップ)はカンジダ菌(真菌)を退治する薬なのですが、最近では歯周病の原因菌にカンジダ菌が存在することが分かってきたため、この薬を用いることもあります。
シロップを使い、うがいをして、30分そのまま放置して行き渡らせます。

 

内服薬を使う場合は、その前に歯医者さんでプラーク、歯石を取り除いておいたほうが効果的です。

 

このように歯医者さんには歯周病を退治するたくさんの方法があることがわかりますね。

当サイトおススメのホワイトニング歯磨き粉ランキング!!