歯を白くすることに対する文化の違い

歯を白くすることに対する文化の違い

海外の人からすると日本人は歯並びや歯の色に無頓着だと言われます。

 

せっかくの美男美女でも歯並びだけが残念・・という人がいるのではないでしょうか?

 

海外、特にアメリカでは歯の審美治療に対する意識が高く「汚れた歯は貧しさの象徴」という考え方があり、日本より多くの割合で子どもたちに歯並びの矯正をさせます。

 

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングも頻繁に行われています。

 

もちろん、ある程度のお金がないとできないことですが、少しの蓄えがあれば歯のためにお金をかけるという意識が日本よりもかなり高いです。

 

日本人は笑うとき歯を隠しますが、アメリカ人は歯を出して笑う文化なのも影響があるのかもしれません。

 

日本人は歯の白い部分、つまりエナメル質が薄いため、エナメル質の下にある黄色っぽい色の象牙質が透けて見えやすいとのことです。

 

イギリスの調査では、歯が白いと雇用される確率が10%アップする、とのことです。

 

これからグルーバルな活躍をしたいと思ったら、まず歯を白くすることから始めたほうが良いかもしれませんね!歯の色とともに歯並びも重要な要素です。

 

しかし、歯並びが良いけれども歯が黄ばんでいる人と、歯並びは良くないけれども歯が白い人はどちらが印象的に良いのでしょうか?それは「歯が白い人」のようなのです。

 

もちろん歯並びには個人差があります。もし前歯が抜けていたりしたら、良い印象を与えることはできないでしょう。

 

私の知っている会社の部長さんは前歯がすきっ歯で、話すとそこに目が行ってしまいます。(笑)

 

もし審美治療で歯を良くすることができたらもっと彼の営業成績も上がるかもしれません。

 

ある調査によると東京とニューヨークでは歯磨きの回数や時間には大差がないとのことでした。

 

しかし、歯の定期検診、クリーニングに1年に1回は行っている人の割合はニューヨークが80%に対して、東京は24%のことで、ここでも日本人の歯に対する意識の低さが伺えます。

 

治療は予防に勝ります。

 

普段から歯のケアを十分にしていれば、歯の治療に高額な費用をかけることなく、歯を長持ちさせることができます。

 

日本では歯のクリーニングは3000円程度で受けられますから、定期的な歯のケアをすることがとても大切です。

普段からの歯のケアのためのホワイトニング歯磨き粉ランキング!!