「普通の」歯磨き剤との違い

「普通の」歯磨き剤との違い

「普通の」歯磨き剤とホワイトニング歯磨き剤はどこが違うのでしょうか。

 

まず、目的が違います。

 

普通の歯磨き剤の目的は、汚れ(歯垢)を落とすこと、そして虫歯予防です。

 

ホワイトニング歯磨き剤は、その名の通り「歯を白くすること」です。

 

目的の違いは成分の違いで現れます。

 

普通の歯磨き剤でよく使われるのは研磨剤です。

 

研磨剤は歯の汚れを落とすのに効果的ですが、ずっと研磨剤の入った歯磨き剤を使い続けていると歯の表面が削れてしまい、エナメル質が剥がれて歯がしみやすくなる、いわゆる「知覚過敏」になってしまいます。

 

研磨剤はリン酸水素カルシウム、炭酸カルシウム、水酸化アルミニウムといった名称で書かれていますので、歯磨き剤を選ぶときにはよく注意しましょう。

 

ただ、「研磨剤」と聞くとあたかも悪いもののようにみなすのも極端です。

 

研磨剤が多く入った歯磨き剤を1日3回使うようなことをしないで、研磨剤の入っていない歯磨き剤と併用していくなど適度に使っていれば、歯が摩耗してしまう心配はないでしょう。

 

一方、ホワイトニング歯磨き剤は、ポリリン酸、メタリン酸、リンゴ酸といった成分を使用しているものが多く、これらの成分は歯の着色汚れを削り取るのではなく、浮かせて分解します。

 

さらにホワイトニング歯磨き剤にはハイドロキシアパタイトという成分が使われているものがあります。

 

ハイドロキシアパタイトは歯の主成分であり、骨の主成分です。

 

ハイドロキシアパタイトを外側から補うことによって、歯の表面の凹凸などを補い、歯の密度を強くします。

 

そうすることによって歯を白く見せることができるのです。

 

日本では歯科医が行う「オフィスホワイトニング」や歯科医の診断・指導のもと行われる「ホームホワイトニング」以外では、歯の漂白成分である、過酸化水素、過酸化尿素を使うことはできません。

 

市販の歯磨き剤にはこれらの成分は入っていないのです。

 

ですが、ポリリン酸、ハイドロキシアパタイトなどの成分は、歯の本来持つ白さに戻るように助けてくれます。

 

また「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」で白くした歯をキープするのにもホワイトニング歯磨き剤は大変役立ちます。

 

ホワイトニング歯磨き剤の値段は2000円〜3000円ほどかかりますが、「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」よりもずっと安価ですので、とりあえず歯の黄ばみが気になる方に使用をおすすめしたいホワイトニングの方法です。

歯の黄ばみが気になる方にお勧めのホワイトニング歯磨き粉ランキング!!