使ってはいけないホワイトニング歯磨き剤

使ってはいけないホワイトニング歯磨き剤

「使ってはいけない」ホワイトニング歯磨き剤というのはあるのでしょうか。

 

使うとはっきり害になるような歯磨き剤はそもそも売ることはできませんが、使っても効果がないもの、また使い方を間違えると害になるものがあります。

 

ホワイトニング歯磨き剤は、厚生労働省が認可していない、歯を漂白する成分(過酸化物)を入れることは禁じられているので、歯の表面に付いた汚れや着色を落とすことによって歯を白くするものです。

 

歯が黄色くなる理由

 

歯の表面にはエナメル質という物質が覆っており、歯を保護しています。

 

エナメル質の下にある象牙質はその名の通り象牙色(アイボリー)ですのでやや黄色がかって見えます。

 

エナメル質が削れてしまうと、象牙質がすけて見えるので歯が黄色っぽい色に見えてしまいます。

 

エナメル質が削れてしまう原因として、歯ぎしり、そして歯磨きがあります。

 

研磨剤もある程度必要

 

研磨剤の多く含む歯磨き粉で歯を磨くと、エナメル質が削れて薄くなってしまうと言われています。

 

では研磨剤の入っていない歯磨き粉しか使ってはいけないのでしょうか?

 

研磨剤も使いようによっては歯の着色を取り除く点で良い働きをします。

 

例えば、コーヒー、紅茶、緑茶、ワイン、カレーなど着色の強い食べ物や飲み物を取り続けると歯が黄ばんできます。

 

このようないわゆる「ステイン」を取り除くには研磨剤の入った歯磨き粉が活躍します。

 

研磨剤が入った歯磨き粉は舌触りがざらざらします。クレンザーと一緒ですね。

 

歯医者さんでも研磨剤入りの歯磨きペーストで歯のクリーニングをします。

 

毎日毎日強い研磨剤の入った歯磨き粉で歯を磨くのも良くないですが、汚れや着色を落とすために多少は研磨剤の入った歯磨き粉を使うのも良いでしょう。

 

ただし、タバコのヤニを落とす種類の歯磨き粉は強い研磨剤が入っていますので、タバコのヤニを落としたい方以外は使わないほうが良いでしょう。

 

歯の磨き方も重要です。

 

あまりに強くゴシゴシと磨くと、エナメル質が削られてしまいますので、柔らかい歯ブラシで優しく丁寧に磨くようにしましょう。

歯の消しゴムと一緒に使いたいホワイトニング歯磨き粉ランキング!!