歯磨き粉 研磨剤は歯を悪くする

歯磨き粉 研磨剤は歯をだめにする理由

歯磨き粉 研磨剤は歯を悪くする

歯を白くする方法の一つとして研磨剤が入っている歯磨き粉があります。

 

コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどで売っている歯を白くする歯磨き粉には、この研磨剤が入っている物が多いです。
なぜ研磨剤がだめなのか?
それはザラザラした粒が黄ばんでいる歯を削って白くするからです。
歯を削ると白くなりますが、歯が薄くなり知覚過敏や、コーヒーやお茶を飲むと削れた部分に付着して残ったり、食べカスなどがつまり虫歯になりやすくなったりします。

 

通常の歯ブラシでは落とせない汚れも落としてくれますが、歯の本来のエナメル質も削ってしまうのです。

 

さらに歯の表面を構成しているエナメル質を削っていくことでどんどん薄くなり象牙質までが透けて見えてくるようになってしまうと、象牙質は元々黄色っぽい色をしているのでなにもしていなくても黄色く見えてしまいます。

 

そうなるといくら汚れを落としても黄ばんだ歯を白くすることができなくなってしまいます。
研磨剤が入っている歯磨き粉は値段が安くて即効性はありますが、副作用がありますのでご注意ください

自宅で簡単ホームホワイトニング「人気歯磨き粉ランキング」