手軽に簡単に歯を白くするマニキュアの秘密

黄ばんだ歯を手軽に簡単に白くできる方法の一つとしてマニキュアがあります。

名前の通り、歯にマニキュアを塗るのですが、爪で使うマニキュアとは材料が違います。

口の中に入れても安全な樹脂系を使用しております。

ホワイトニングとの違いは、お金が安い、塗るだけでいいので簡単、白さを選ぶことができます。

そして、歯を削ることがなく、ホワイトニングでも白くならなかった部分でも白くすることができます。

ここまで、聞くと歯のマニキュアって凄い便利だと思いますが、デメリットもあります。

通常のマニキュアと同じで、塗る人によっては、白さが異なったり、透明感が出にくい、歯に厚みが出てしまう、メンテナンスが必要だったりします。

歯科医院で歯をマニキュアする方法と市販品を買って自分でする方法があります。

歯科医院で行う場合は、数日間、数ヶ月間、数年間と目的によって選ぶことができますが、費用も市販品よりも高いです。

市販品の物は、ほとんど1日のみになります。



また、何年間も白さが続くマニキュアもあります。

それは、パーマネントマニキュアです。

これは、特殊な樹脂を使って歯を白くするので、通常のマニキュアとは違い数年間もちます。

ただ、元々の歯の色をなくして白くするために、透明感がなくなり、歯に厚みがでてしまいます。

日本では一部の審美歯科しか取り扱っていません。

エナメル質よりも着色しやすいので定期的にメンテナンスが必要になります。

当サイト人気のホワイトニング歯磨き粉ランキング