歯が黄色くなる原因

歯が黄色くなる原因の秘密

歯が黄色くなる原因はいくつかあります

 

歯に着色する原因がわかればいつまでも歯を綺麗に保つことも可能になります。

 

飲み物で着色する

コーヒー、紅茶、ワイン、コーラー、ココアなど濃い色の飲み物は歯に着色しやすいです。
特に歯のホワイトニング後の24時間後は、色がつきやすいので注意

 

食べ物で着色

酸性の強い食べ物は歯のエナメル質を溶かしてしまうので黄色くなります。
また濃い食べ物歯に着色しやすいです。
カレー、ソース、ケチャップ、醤油、キムチ、チョコレート

 

うがい薬などの薬品

液体漢方薬、抗生物質、うがい薬(クロールヘキシジン、ポピドンヨードなど)

 

歯の乾燥による着色

歯を乾燥すると着色しやすくなりますので、鼻が詰まっていて口呼吸の人や歯並びが悪く、口がしっかり閉じれない人は乾燥しやすくなります。

 

年齢による着色

これは、歯のエナメル質や象牙質が老化とともに薄くなって黄色くなります。
これは完全に予防することはできませんので、ホワイトニングをしなければなりません。

 

菌による変色

口の中には菌があります。色素生成菌は歯を緑色〜黄色に変色します
これは、歯のクリーニングで落とすことができます

 

歯磨きのしずぎ

歯磨き粉の中には研磨剤が入っている商品がありますので、研磨剤は歯のエナメル質を削ってしまうので黄色くなってしまいます。


自宅で簡単に歯を白くする方法「歯磨き粉ランキング」