歯が着色する理由を知ることが白くする近道です

人と話すときに自然と口元を注目すると思います。
そのときに、自分の歯が黄ばんでいたりすると気になって話に身が入らないことはありませんか?

 

歯が白くなる方法は、ホワイトニングという方法で行うことができ、医療機関や自宅できます。

 

しかし、その前に歯が変色する原因を知っておくことが必要です。
変色の原因でもっとも多いのが、食べ物や飲み物によるものです。

 

この場合、変色というより着色です。紅茶やコーヒー、ケチャップや醤油を服に溢すとシミになってしまいます。

 

歯も同じです。

 

また、口の中が乾燥しがちな人、唾液が少ない人は、歯が黄色に変色しやすいです。

 

加齢によってエナメル質が薄くなり、黄色に変色します。虫歯治療で神経を抜くと、歯が黒く変色していきます。

 

色が気になり歯を白くしようと、研磨剤が多く含まれた歯磨き剤で丹念に磨くと変色に至ることがあります。

 

これは、研磨剤によりエナメル質を失くしてしまうことが原因です。最後に、遺伝や疾病により歯の変色することがあります。いずれの場合も、歯の色が気になったときは専門家に相談することをおすすめします。

 

最近は、ホワイトニングの技術が進み、様々な方法で白くする方法があります。白い歯は自信の源となり、人と話すことが楽しくなります。