黄色くなった歯を白くできる理由

黄色くなった歯を白くできる理由

着色性の強い食品や喫煙の習慣のために歯が黄色くなってしまうのは、なかなか避けにくいものかもしれません。

 

ホワイトニングという手法は黄色くなってしまった歯を再び白くすることができるわけですが、どのような仕組みで白くすることができるのでしょうか。

 

歯の黄ばみには種類がいくつかありまして、歯の表面に付いた着色や汚れからくるものと、歯の奥の象牙質からくるものがあります。

 

歯の表面に付く汚れの場合は、着色や汚れを取り除いてあげることによって、歯の本来の白さに戻すことができます。
ホワイトニング歯磨き粉はそのために必要な成分を配合していて、ポリリン酸ナトリウムやリンゴ酸などが代表的です。

 

ここで注意したいのは、歯の本来の白さは真っ白ではなく、やや黄色味がかったものだという点です。これは象牙質がそのような色をしていて、透明なエナメル質を通して透けて見えるからです。

 

もし、ヤニや歯石などがある場合はブラッシングだけでは取り除くことは難しいので、歯科医院でまずはきれいに取ってもらってください。

 

本来の白さ以上に白くする場合は、専門のホワイトニングが必要です。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングから選べますが、どちらも専用のホワイトニング剤を使用して白くすることができます。
ホワイトニング剤の主成分はオキシドールつまり過酸化水素で、表面のエナメル質を通過し象牙質まで浸透して漂白することができます。

 

こちらの場合は、黄色くなった歯というよりは、自然なアイボリーホワイトの状態からさらにピュアホワイトにすることを目指しています。

 

費用が高いですし、そこまでの白さは求めないなら、低コストで続けられるホワイトニング歯磨き粉のほうが良さそうですね。

低コストでホワイトニングできる「歯を白くする歯磨き粉」ランキング!!