ホワイトニングの種類とその違い

ホワイトニングの種類とその違い

一言でホワイトニングといっても、種類はいろいろあります。

 

もともと歯科医院で始まったのが、今でいうオフィスホワイトニングです。さらにこれを通院しなくても自分で行えるようにしたものがホームホワイトニングです。

 

オフィスホワイトニングはプロの医師が行うので安心できるだけでなく、効果スピードも最も速いのが特長です。

 

専用のホワイトニング剤を歯一本一本に丁寧に塗布することに加えて、薬剤の反応を早める光照射をするからです。
ただし、健康保険が適用できず全額自己負担でしかも高額です。
望みの白さにするのは速いのですが、白さが抜けていくのも最も速く持続期間は2ヶ月から半年と言われています。

 

ホームホワイトニングは自宅など自分の都合のいいところでホワイトニングをすることができます。

 

初めに歯科医師の指導を受けてから、専用のホワイトニング剤でマウスピースを使います。上下の歯列全体に合うマウスピースですべての歯をまとめてホワイトニングすることができます。

 

本やテレビを見ながら毎日数時間つけて、1週間以上続けていくと白くなっていきます。
オフィスホワイトニングよりは弱い成分ですし、光照射もないのでやや時間がかかります。でも持続期間は半年から1年くらいとモチが良いです。

 

ホームホワイトニングも保険が適用されないのでやはり費用がかかります。
またどこかの歯にトラブルがあってもマウスピースのために避けられないので、薬剤がしみて痛くなる場合がありますから注意が必要です。

 

最近ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの良さを合わせた、セルフホワイトニングというのも人気です。

 

歯科医院ではなくショップに行って、セルフサービスでホワイトニングジェルの塗布と光照射をするというものです。もちろんスタッフのサポートもあります。
エステくらいの料金で気軽に通うことができ人気です。ただし、歯の本来の白さにするまでしかできません。

 

さて、手軽にホワイトニングできるように登場したのがホワイトニング歯磨き粉ですね。
日本では1995年に初めて発売されたのを皮切りに、いまで様々なものが登場しましたし、このサイトでもいくつか体験してご紹介しています。

 

ホワイトニング歯磨き粉は、歯の本来の白さ以上にはできませんが、白さをキープするには効果があります。
専用のホワイトニングをした後で、歯の着色を抑えたり色戻りを遅らせたりすることができます。

 

価格は最も安く始められますし、そのためずっと続けていくことができます。
しかし、効果が現れるまでに時間がかかるのが難点でしょうか。

手軽に白い歯をキープしたい!「ホワイトニング歯磨き粉」ランキング!!