ホワイトニング 重曹

ホワイトニング 重曹注意「歯を痛めてしまう可能性あり」

重曹で歯を磨くと白くなるって聞いたことあるかもしれません。
実際白くなったケースもあります。
重曹は弱アルカリ性なので口の中に入れても害がなく汚れを落とす効果があるので、重曹を歯ブラシにつけてゴシゴシすると汚れが落ちて歯も白くなるみたいです。

 

また重曹は、ホワイトニング専用の歯磨き粉や歯科院に行くよりもお金もかからないので一般の家庭で気軽にできることからも使っている人もいます。
しかし、重曹の中には研磨作用があるので歯が白くなっているのは、汚れが落ちていると同時に歯のエナメル質も削れてしまっているのです。

 

歯のエナメル質が削れると、しみやすくなって知覚過敏や汚れがつまりやすくなるので虫歯になりやすくなってしまいます。

 

重曹で歯が白くなったけど、アイスを食べるとすごいしみるようになった口コミも多数あります。
重曹での歯磨きは逆に歯を痛めてしまうのであまりオススメできないです。

 

重曹で歯が白くなっているのは、歯を削ってるからです。


重曹よりも安全でホワイトニング効果のある歯磨き粉ランキング