ホワイトニング歯磨き剤で白髪が増える?

ホワイトニング歯磨き剤で白髪が増える?

ホームホワイトニングで注意しなければならないことがあります。

 

それはホワイトニング剤を飲み込まないように注意しなければならないということです。

 

ホワイトニング剤は、飲み込んでも害がないように出来ていますが、ホワイトニング剤の歯を白くする成分、過酸化水素水には脱色効果があります。

 

もしホワイトニング剤を誤って飲み込んでしまった場合、過酸化水素が白髪の原因になってしまいますので十分に注意しましょう。

 

知覚過敏にならないようにするには

 

ホワイトニング剤は知覚過敏を招く場合があります。

 

知覚過敏とは冷たいものなどで歯がしみる神経の反応のことです。

 

もし虫歯があったり、歯周病があったりする場合は、ホワイトニングでかなりしみやすくなりますので、正しく治療してからホワイトニングをすることをお勧めいたします。

 

歯の表面にヒビがある場合もしみますので、カルシウムやアパタイトで埋める治療法を使います。

 

歯の象牙質がむき出しになっている場合もかなり歯がしみることになります。

 

しみないように歯を白くするには

 

そのような場合は歯医者さんで行うオフィスホワイトニングであれば、そのような個所を避けてホワイトニングする方法もあります。

 

エナメル質が薄く、知覚過敏を起こしやすい人の場合は、ホワイトニング剤の濃度を薄めて塗布することもあります。

 

その場合効果も薄めになってしまいますので歯が白くなるまでに時間がかかってしまうこともあります。

 

オフィスホワイトニングでは知覚過敏が出にくい機器やホワイトニング剤を使っているところもありますので歯医者さんに聞いてみるのも良いでしょう。

 

オフィスホワイトニングの後には、ペリクル層という薄い皮膜が剥がれるため知覚過敏を起こしやすくなりますが、フッ素を塗ると知覚過敏を抑えることができます。

歯の消しゴムと一緒に使いたいホワイトニング歯磨き粉ランキング!!