歯が白いとどれだけ印象が違ってくる?

歯を白くするとどれだけ印象が違ってくる?

歯が白いと、どれだけ周りの印象が違ってくるのでしょうか?

 

あるアンケート調査で20代〜40代の男女300人に歯の白さに関する意識調査が実施されました。

 

マイナスイメージになりやすい黄ばんだ歯

 

それによると、歯が黄ばんでいる人への印象は70%以上の人が「不潔に見える」「笑顔が魅力的ではない」「老けて見える」などのマイナスイメージでした。

 

また男女のモデルの写真を2枚見せ、1枚は白い歯、もう一枚は黄ばんだ歯に画像加工して見せ、写真のモデルが何歳に見えるか聞いたところ、黄ばんだ歯のほうが白い歯よりも約3歳老けて見える、という結果が出ました。

 

ビジネスシーンにおいても、一緒に仕事をしたくない、または仕事ができないと思う人の外見上の特徴を聞くと、「身なりがだらしない」「髪の毛にフケがある」についで多かったのが「歯が黄ばんでいる」というものでした。

 

また営業職の人に聞いたところ、商談のとき、または人前でプレゼンをするときに、歯の黄ばみが気になるという人は全体の30%いました。

 

さらに歯が白い人の70%以上が、コミュニケーションが得意で友達も多く異性にモテると答えたのに対し、歯が黄ばんでいる人でコミュニケーションが得意と答えたのは50%未満でした。

 

つまり、歯が白い人は歯が白いことが自信となり、コミュニケーションが得意になる傾向がありますが、逆に歯が黄ばんでいる人はそのことがコンプレックスとなり人付き合いも消極的になる傾向があります。

 

黄ばんだ歯よりは白い歯のほうが良いはず

 

歯の白さは、その人の人格とは関係のない部分で、歯が黄ばんでいてもいい人はたくさんいます(笑)。

 

人をそこで判断してはいけないところですが、人間、第一印象が非常に大切であることが分かります。

 

とくに面接や商談など、友人関係ではないところで良い印象を与えるには白い歯のほうが好ましいということです。

 

さらに黄ばんだ歯は「不潔に見える」というのも気になるところです。

 

毎日毎食後に歯磨きをしても黄ばみは解消できないことが多いので、歯を白くするための特別な歯磨き剤や歯医者さんでのホワイトニングが必要になります。

効果的な歯磨きをするためのホワイトニング歯磨き粉ランキング!!