避けたほうが良い成分

避けたほうが良い成分

このページでは、通常の歯磨き剤、ホワイトニング用歯磨き剤を問わず、歯磨き剤の成分の中で避けたほうが良いものをご紹介します。

 

まず、お使いの歯磨き剤の裏面にある成分表を確認してみてください。

 

ラウリル硫酸Na(ナトリウム)の表示があるでしょうか。

 

この成分は、シャンプーの成分表示を確認したことがある方ならご存知かと思いますが、「合成界面活性剤」というシャンプーには洗浄成分として使われるものです。

 

歯磨き剤においては泡立ちを良くする効果があるためによく使われます。

 

ラウリル硫酸Naは安価なシャンプーによく使われますが、洗浄力が強すぎるので髪や頭皮にはあまり良くないとされています。

 

歯磨き剤は口に入れるものですのでより注意が必要ですが、ラウリル硫酸Naは口腔粘膜から吸収され、15秒で心臓に届くと言われています。

 

ラウリル硫酸Naは体内に蓄積され、白内障の原因になったり、味覚障害を起こしたりと、有害な働きをします。

 

泡立ちが良いのは良いのですが、泡立ちの良さにごまかされて実は歯がよく磨けていなかった、ということもあるのも注意点です。

 

ですから、ラウリル硫酸Naの入った歯磨き剤は避けるのが賢明でしょう。

 

さらに歯磨き剤の成分の中で避けたほうが良いものは以下のとおりです。

 

ソルビトール、グリセロール、プロピレングリコール

 

これらは湿潤剤といって歯磨き剤の使用後の口内のしっとり感を出すための成分です。

 

発がん性、中枢神経、肝機能、腎機能に悪い影響があることがわかっています。

 

サッカリンナトリウム

 

人工甘味料です。子ども用の歯磨き剤には多く含まれています。
発がん性がある物質です。

 

水酸化アルミニウム

 

研磨剤として使われます。
アルツハイマー、味覚障害の原因になると言われています。

 

フッ素

 

虫歯予防としてほとんどすべての歯磨き剤に入っているフッ素ですが、発がん性があると言われています。

 

微量であれば問題がないという専門家もいますが、微量でも体に悪いという専門家もいます。

 

毎日3回歯磨きをするとして、1年で1095回です。

 

10年では1万回を超えます。決して少ない数とは言えません。

 

虫歯予防にフッ素が果たす役割は大きいものですが、発がん性のリスクもあるということを頭の片隅に入れておいたほうが良いでしょう。

当サイトおススメのホワイトニング歯磨き粉ランキング!!