歯垢や歯石はやっかいなステイン汚れの始まり

歯垢や歯石はやっかいなステイン汚れの始まり

突然ですが、人の顔を見る時、まずどこに注目しますか?
目や唇と答える人が多いかと思いますが、無意識のうちに印象を左右するのは、実は歯並びや歯の清潔感の場合が多いのです。

 

ですから、いくらキレイな目や唇をしていても、歯並びが乱れていたり、歯が汚かったりすると、それだけで印象がぐっと下がってしまうでしょう。それくらい歯が与える印象は大きいため、常に清潔に保つことは重要と言えます。

 

歯はこうして汚くなる

 

それではなぜ歯は汚くなってしまうのでしょうか。
その理由には、まず歯垢や歯石を挙げることができます。歯垢の中には、細菌や食べカス、それから唾液の成分などが入り混じっていて、それ自体がとても不潔なものです。

 

また、歯垢には粘着性があるので、周りの汚れをさらに引き寄せる働きもあります。そうしてどんどん大きくなった歯垢は、やがて硬くなって、歯石となります。一度そうなると、歯磨きでは簡単に落とせなくなってしまうのです

 

歯垢や歯石があるとステインが付いていく

 

歯垢や歯石が厄介なのは、さらにその中に、着色の原因となる物質が沈着していってしまうということが起こります。いわゆる歯の黄ばみは、このようにして発生していきます。

 

黄ばみの原因では、お茶やコーヒーのシブ、タバコのヤニといったものが代表的なものです。これらは、歯がツルツルでキレイな状態であれば、それほど沈着することはありません。しかし、歯垢や歯石は表面がデコボコしているので、シブやヤニなどが沈着しやすい状態になっています。そのような理由から歯の着色はどんどんと進んでいくのです。

 

歯垢や歯石を溜めなければ歯は着色しにくい

 

先ほど説明した通り、歯垢や歯石が歯の汚れの始まりであり、着色を促進する原因でもあると言えます。ですので、毎日きちんと歯磨きをして、歯垢を溜めないようにすれば、歯が着色することも極力抑えることができます。

 

それだけではなく、歯垢や歯石が溜まらなければ、虫歯や歯周病を予防することにもつながるのです。つまり、歯を清潔に保つことは、単に見た目を良くするだけでなく、お口の中を健康にすることにも直結していると言えます。

 

着色ではなく変色による歯の汚れ

 

歯の汚れは、基本的にはヤニやシブによる着色だと言えますが、それ以外にも変色というものもあります。これは、歯の表面に汚れが付いているのではなく、歯そのものの色が変わってしまうことで起こります。ですので、着色ではなく変色と言います。

 

変色には、生まれつきのものと、お口の病気に罹ったりすることで生じるものとの2種類があります。
それぞれに対処法がありますので、詳しくは歯医者さんに聞いてみましょう。

ステイン汚れを取ってくれるホワイトニング歯磨き粉ランキング!!