歯の汚れやすい場所、汚れが溜まりやすい場所をキレイにするには

歯の汚れやすい場所、汚れが溜まりやすい場所をキレイにするには

歯に汚れを溜めてしまうとそこから歯石になってしまいます。そうすると歯の表面がざらざらして、コーヒーや紅茶などを飲んだときの着色の原因になってしまいます。

 

それを防ぐために大事なことは、歯磨き粉で歯をしっかり磨いて歯にステインを着けないことです。

 

歯の3大不潔域?

 

私たちの歯には、もともと汚れが溜まりやすい場所があります。全ての人に共通しているのは、次の3ヶ所です。

 

1ヶ所目は、歯と歯の間です。
いわゆる歯間部と呼ばれる所で、ここは食べカスや歯垢が溜まりやすい性質があります。
お部屋のお掃除をしていても、家具と家具の間ってお掃除しにくいですよね?それと同じで、歯と歯の間は、歯ブラシを入れにくいため、磨き残しが起こりやすく、汚れが溜まりやすい場所と言えるのです。

 

続いて2ヶ所目は、歯と歯茎の境目です。
ここには、歯周ポケットと呼ばれる溝も存在していて、とっても汚れが溜まりやすい場所と言えます。そしてやはり、歯ブラシを入れづらいため、磨き残しが起こります。

 

最後の3ヶ所目は、歯の咬む面の溝です。
これを咬合面の小窩裂溝(しょうかれっこう)と言います。おそらく、ご自分の奥歯にある沢山の凹凸を舌で確かめることができると思います。この溝に歯垢や食べカスなどが溜まりやすいのは、何となくイメージできますよね。
以上の3ヶ所をまとめて「三大不潔域」と呼びます。

 

親知らずにも汚れが溜まりやすい

 

ご自分のお口には、親知らずが生えていますか?それとも、顎の中に埋まっていますか?
生えている場合は少し注意が必要です。その理由は、親知らずも非常に汚れが溜まりやすい場所のひとつだからです。それに奥の方にあるため、歯磨きがしにくいです。

 

また、他の歯と噛み合うことが少ないため、自浄作用もあまり期待できないでしょう。顎の骨に埋まっている場合でも、これから生えてくる可能性があります。もしくは、おかしな向きで埋まっている場合は、他の歯に悪影響を起こす可能性があるのが親知らずです。

 

歯列不正も不潔域となってしまう

 

八重歯や出っ歯などの歯列不正がある場合も、その歯周辺に汚れが溜まりやすくなることがあります。この場合も、その他の不潔域と同じように歯磨きしにくいので、汚れが溜まっていくことになります。

 

ですから、自分の歯並びの状態や歯の状態をきちんと把握しておくことは重要だと言えます。

 

汚れが溜まりやすい場所に汚れを溜めないようにするには、実際どうすれば良いのでしょうか。まず、歯と歯の間については歯間ブラシやフロスなどを使用しましょう。歯と歯茎の境目については、バス法などを使って、歯と歯茎の間に歯ブラシの毛先が入るような歯磨きを心がけましょう。
歯の咬む面ついては、細い毛先の歯ブラシで、丁寧に磨いていくのがオススメです。

 

このように、歯が汚れやすい場所には、それぞれに合った対処法があるのを知っておきましょう。

効果的な歯磨きをするためのホワイトニング歯磨き粉ランキング!!